人事部とは?

人事部とは?

人事部とはいったいどのような部署なのでしょうか。その仕事内容についてご紹介します。

 

・採用業務

 誰もが一番知っている人事の仕事が採用業務ではないでしょうか。
 人を採用するために求人サイトなどを使って募集をするところから
 面接の実施や内定から入社までの手続きなどの業務を行います。

 

・社会保険手続き

 一般的にはあまり知られていないかもしれませんが、さまざまな保険の手続きも
 人事の重要な仕事の一つです。
 社会保険の中には、健康保険、厚生年金保険、雇用保険があります。
 健康保険は健康保険証や育児休業関係の給付金などの手続きがあります。
 厚生年金保険はその名の通り年金の手続きです。
 雇用保険は、失業保険などの手続きがあります。
 それぞれが日常的に必要になる要素であり、社員のサポートをする上では
 欠かせない業務です。

 

 

・給与計算

 お金のことは経理がするのではないかというイメージもありますが、
 人事が給与計算をしている会社の方が一般的です。
 毎月の社員の給与を間違いなく期日を守ってきちんと支払うために
 正確に業務をこなすことが求められます。
 また、賞与や昇給といったものも人事の重要な業務です。

 

・規程、制度作り

 就業規則などの規程や人事考課制度などの制度作りも人事の非常に重要な
 仕事です。
 特に、規程などは法令遵守とともにいかに会社に適したものを作成するかという
 ことが大切です。
 また、会社の成長に欠かせない制度作りは、豊富な経験や知恵が必要になります。

 

人事の仕事の領域は非常に広く、法律の知識も必要になるので常に新しい情報を
収集して成長する必要があって大変ですが、同時に大きなやりがいを持って仕事をする
ことができる点は人事の仕事の魅力と言えるでしょう。

人事の役割とは?

人事の仕事といっても詳しくはあまり知られていませんが、そもそも人事の役割とは何なのでしょうか。

 

・働きやすい環境作り

人事の仕事は、さまざまな知識が必要になる非常に責任のあるものです。
 その一番の目的は、働きやすい環境作りです。
 例えば、採用業務という重要な業務がありますが、これについても人を採用して
 終わりということではなく、いかに人材を育ててその能力を会社のために
 発揮してもらうかということが会社の成長にも影響してきます。
 そのためには、人材の能力を発揮できる環境づくりに努めなければなりません。 
 自分が採用した人材が会社に貢献して成長していく姿を見ることは人事の仕事の
 大きなやりがいではないでしょうか。

 

・人材育成

 人材の育成は非常に重要なものですが、どのように育成していくのかということは、
 非常に難しい課題です。さまざまな研修を実施したり、社外から講師を招いたりと
 企業によって取り組みを工夫することで、会社の成長につながる人材の
 育成につなげようと努力しています。

 

 

さまざまな業務はありますが、会社が成長するために必要な人材を
採用して、入社後はその人材を育成するというこの当たり前のことが
できるように、知恵を出して会社の成長に貢献することが人事として
非常に重要な役割となります。