30代,女性,転職

30代女性が転職した場合の意外過ぎる雇用形態

30代女性が転職する場合どのような雇用形態で雇われることが多いのでしょうか。

 

前職と同じ雇用形態が多い

30代の転職では基本的に前職と同じ雇用形態での採用が多いです。

 

例えば正社員で雇われていたならば、正社員。

 

契約や派遣で雇われていたのならば次の採用でもそのようになる確率が高いです。

 

非正規雇用から正規雇用

もちろん契約社員やアルバイトなどの非正規雇用から、正規雇用として採用される場合もありますが、あまり多くはありません。

 

その場合は

 

・過去によほど実績があった
・面接でよほど受けがよかった
・会社側の事情

 

このうち会社側の事情というのは急な事業で、緊急的に人材を集めなければならなかったとか、欠員が発生下とかいった理由が多いですね。
こういった事情で雇われたら、しょっぱなからハードワークが待っている可能性があるのでそこは覚悟を決めましょう。

 

正社員登用制度

またアルバイトや契約社員からの転職の場合、正社員登用制度のある会社にアルバイトや契約社員として入社し、正社員を目指すというのも手です。

 

ただ会社によってはその制度を餌にしているだけで、全く正社員にしてくれる気がないところもあるのでネットの評判や口コミなど情報収集はしておきましょう。

関連ページ

女だってスキルがなきゃね!できる30代女の即戦力ぶりは半端ない
転職活動をする女性で「スキル」がないことに頭を悩ませている人が多いようです。
女にとって30代は「やりたいことをやる期間」
なんか30代になるのを、異様に恐れている人がいますが、それは日本の空気がそうさせているだけであって、別に30代になったからといって貴方に劇的な変化が起こるわけではありません。
30代の女性が転職しやすい職種や業界
基本的に30代女性の転職は肉体労働でもない限り、経験職種に絞って転職を考えます。
30代の女性の雇用形態の疑問 こだわりを捨てよ!
30代の転職においてはとりあえず雇用形態へのこだわりを捨ててみよう。
30代の女性はのキャリアアップ/具体的なイメージを掴もう
キャリアアップは今後の人生の課題。その為には自分のなかで必要と不必要を分ける潔さが大切です。
30代は女性にとって転機である
この国の女性は30代というのをとてもネガティブに受け取る節があります。そんな考え方はやめましょう。
30代女の挫折・・・前向きになんてなれないよ
転職活動というのは中々思うようにことは運ばないもの。失敗が続き挫折感を味わう人も少なくないでしょう。
30代女性にお薦めの転職サイト一覧
転職サイトの活用は、現代の就職活動では必須となります。もはや紙面からのみ情報を集めるのはとんでもなく時代遅れなのです。
30代女性のやってはいけない履歴書の書き方
30代の女性だからこそ履歴書は多少の誇張であっても、相手に印象の残るものにしなければなりません。
30代女性のマナーを見直しのススメ
30代の女性だからこそビジネスマナーには気を使いましょう。
30代女性の有利な点と不利な点 しっかり理解しよう
30代といえば日本社会全体で言えば全然若い上、キャリアもそれなり積んでいる現役世代というイメージ。専門知識に加えて社会人として必要なコミュニケーション能力やプレゼン力なども成熟してくる年頃です。今回はそんな30代を冷静に分析してみたいと思います。
30代女性の求人募集情報戦線を勝ち抜くには
30代女性の転職は求人収集の収集能力にもかかっているといっても過言ではありません。
30代女性の転職は不利なのか!?
一般的に30歳代になると就職活動では不利といわれています。ですが本当にそうなのでしょうか?
30代女性の面接講座1/出産と結婚について聞かれたら
30代の面接では出産や結婚の予定について聞かれることも多いです。その企業の意図とは。またどのように応えるのが適切なのかを知っておきましょう。
30代女性の面接講座2/そんなことを聞かれるの!?
30代での転職がもう遅いだって?馬鹿言ってんじゃないよ!女だって自分の人生自分でコントロールできるってこと証明してやらぁ!!・・・というわけで30代の女性に向けた転職サポート的なサイトです。
30代女性は自分のライフスタイルに合わせた転職を考えよ
30代女性「だからこそ」自分のライフスタイルに合わせた転職をしていきましょう。
30代女性へ/転職活動前にキャリアプランを見直そう
30代女性が転職活動をするにあたりまずあなたは人生で何をしていきたいのか。この世に何を残したいのか。それを考えてみることをお薦めします。
<スポンサードリンク>